アレルギー予防法~お薬編~

アレルギー予防法~お薬編~

あなたも既に感染者!?普通の生活でも起こりえるアレルギー症状の発祥には、日常に潜むアレルギー物質・アレルゲンの存在があった!気をつけるべき点や、油断していた意外な盲点など、どしどし記事を更新していきます!

身近に潜むアレルギー物質への注意

アレルギーとは、免疫反応が自分の体に不利に働いて起きる病気で、体を守るはずの免疫システムが、結果として危害を与えてしまうことをいいます。
私たちの体には、ウイルスや細菌などの異物が体内に入ってきた時に、抗体が作られ外敵を排除するための免疫システムが備わっています。ところがこの免疫システムが花粉やダニ、食べ物などの物質に過剰に反応して、攻撃をし過ぎる結果、アレルギー反応を引き起こしてしまいます。
アレルギーの原因となる抗原のことをアレルゲンと言いますが、花粉やダニ、食品や薬物などさまざまなものがアレルゲンとなり、症状も人によって異なります。
アレルゲンが体内に入ってくると、IgE抗体というタンパク質が作り出され、皮膚や粘膜に多くある細胞の表面に張り巡らされています。ふたたびアレルゲンが進入してきて、このIgE抗体に結合したときに、ヒスタミンなどの化学物質が一気に放出され、かゆみなどの症状が現れてきます。

アレルギーには4つのタイプがありますが、ほとんどの場合が即時型というタイプで、花粉症やアトピー性皮膚炎、気管支喘息や食物アレルギーなどが挙げられます。
花粉やダニ、食物アレルギーなど日常的に接しなければならないものにアレルギーを持つ人も少なくありませんが、理由がよく解明されていないアレルギーもたくさん存在します。
特に現代の子供たちは、泥や動物といったものに慣れ親しんでいないため、免疫力が正常に獲得できていないことから症状を発症するとも言われています。
また意外と知られていませんが、チョコレートやビール、紫外線などによっても症状を発症する場合もあるので、何かおかしいと感じたら、早めに診断を受けるようにしましょう。

■花粉症による鼻炎を退治するために!
アレグラは即効性が高いのでオススメです